ムスメちゃんのつれづれ日記

幼児教育のブログでしたがどんぐり倶楽部のこともつづります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒乳と断乳の違い。

1才になる前は「おっぱいに執着も特になさそうだし、卒乳しないとな~」

と漠然と考えてましたが、、、

考えたり、いつから始めようかと思ってるうちに、おっぱいをあげてる時のムスメちゃんの
穏やかな顔にわたしは癒されてしまい、虜になり

なんだかこっちが執着してしまっているうちに

今度は、ムスメちゃんがベビーサインのおっぱいをするようになり通じることが分かったのか

やたらと「おっぱい おっぱい」

と要求するように。。。あらら。。。

でもまわりは次々と おっぱいをやめっている状況になやんでたところ、、、


自然卒乳 という言葉をしりました。




そもそも卒乳 断乳の言葉の意味は

●自然卒乳●
いわゆる「卒乳」。子供が自分の意思でおっぱいから自然と離れていくこと。
「(自然)卒乳」の時期は子供(のみ)で決定されます。



●断乳●
ママが決めて授乳をやめること。2~3日くらいで急に止めてしまったり、段階を踏んで(少しづつ回数を減らしてならしていくなど)止めたり、と種類はいろいろですが、ママの意志(都合)だけで実行している限り「断乳」になります。
「断乳」の時期はママが決定します。

なんだそう。


しかも、自然卒乳にはたくさんのメリットが!!

子どもにとってのメリット
①口腔の発達によい 乳首を吸うことであごの発達、脳の発達を促す
②病気にかかりにくい
③母乳育児を通して触れ合いによってお母さんと子どもの絆が深まり、精神的に安定をもたらすなど

ママのメリット
①避妊効果がある
②子どもとの肌への触れ合いが自然にでき、ゆったりとしたときを過ごすことができる
③乳がんになりにくい


などなど。




母乳を長くあげると虫歯になるとか 七田でもよくないと言った類いのことが本に書かれてましたが、
わたしはムスメちゃん自身の精神的安定と自らのおっぱい卒業を楽しみに自然卒乳の道を選ぶことにします!!

道は険しそうなのですが、、、



ムスメ自身がおっぱいを卒業できる日を待ってあげる。
自立を待ってあげるってステキだなと思います



気になる方はこちらもぜひ参考にしてください
おっぱいの自然卒乳





スポンサーサイト

Comment

我が家は、2歳すぎても授乳してました。
本当は自然にやめたかったんですが、乳がんの検査のため泣く泣くあきらめました。
やめるときに娘に理由を説明し、お乳にさよならをしました。
その後何度かほしがりましたが、「バイバイしたよね。」というと黙って背中を向けて静かに泣きながら我慢していました。
その後ろ姿がいとおしくて、辛くて抱きしめて寝ていました。
何度かそういうことが続きましたが、特にひどい「じら」もなく断乳に成功しました。
でも、何もなければ私も自然卒乳をえらんでいたと思います。

2008.08.07(Thu) 23:34       みもざ さん   #-  URL       

みもざさんへ

仕方ない断乳にせよ、想像しただけでちょっとせつなくなってしまいますね。姫ちゃんがんばったんでしょうね。
うちは、どんな終わりになるのか??
また報告しますね~

2008.08.08(Fri) 17:22       ここ さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。