ムスメちゃんのつれづれ日記

幼児教育のブログでしたがどんぐり倶楽部のこともつづります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「こどもへのまなざし」を読んで

ブログずいぶんお休みしてました。
ちょっと前まで2日いっぺんは更新してたのにっ
わたしって飽きっぽい。。。
だけどランキングがそう、たいして落ちていない!!!
陰で応援してくれている方がいるのかな~っとうれしく思います



最近 幼児教育ネタの本ばかり読んでてわたしの頭がそろそろ疲れて来てたので今回はこちらを
読んでみました。





児童精神科医の佐々木正美の講演を編集した本。
「乳幼児期の育児は、子どもの要求や期待に、できるだけ十分こたえてあげることが大切」という立場に立って書かれた育児書です。

著者の経験や、海外の学説などを紹介しながら、「乳幼児期に全面的に受容されることにより、安心感、信頼感を育成することができ、そして、その後、上手に自立できる」ということをさまざまな角度から説明してくれてます。



語り口も、著者の考え方や人柄を表しているかのようにやわらかく、読みやすい文章になっていて
やさしい気持ちになれる本です



知らず知らずのうちに、子どもの要求って無視する気がなくても無視してるんですよね、、
お出かけするから、と放置して自分の身支度。
嫌がるのに、子どもの広場へ、でも実際はママがおしゃべり。

全部の要求には答えてあげられない のがあたりまえ。
でも、なるべく 答えてあげられる ママになれたらいいなと思いました。

あと、幼児期って
建物に例えるなら一番重要な基礎工事なのだそう。
しみじみ、たいせつに一日いちにち子育てしてあげないとなぁと思いました。



続編もあります。さらに分厚い本になってます。。。



幼児教育ぼちぼちがんばってます 応援お願いします
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。