ムスメちゃんのつれづれ日記

幼児教育のブログでしたがどんぐり倶楽部のこともつづります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンスターマザー予備軍??

図書館で気になる題名だな。。と読むうちにおもしろい!!と思って借りてきました。
この本。。

テレビドラマでもやってる「モンスターマザー」

初回だけは見て 
こんな母親たちに育てられる子どもとムスメちゃんがいっしょに関わるなんて嫌だな。。
と人ごとのようにみてましたが、、

この本を読むうち、、↑こんな発言自体 わたしがモンスターだと思いゾッとしてしまいました。。。






今の母親に特徴的なのは、「わが子可愛さ」が強烈になって、視野が狭くなっていること。

子育てにおいては、「こどものため」より「自分のため」へ、「一生懸命な子育て」から、「楽な子育て」へとお気楽志向に変わっていることだそうです。

そんな現代の「モンスターマザー」を見て、著者が危惧するのは、

「そんな彼女たちには、死角がある。自分のため、あるいは我が子を守るためと思って必死に闘うことが本当に自分や子どもを幸せにするのかどうか、肝心なところが見えていないのである。」

と指摘しています。



本の中で
「離乳食を「ベビーフード」ばかりに頼っている」とか、
「お母さんらしい」にムカつく」とか
「自然派育児など特定の育児法に熱心になり過ぎる」
「実家に依存する母親」

などなど。

本に出てくる極端な母親達の例を信じられない思いで読み進みつつ、わたしもちょっと踏み外せば、モンスターマザーなのでは??

と思わずにはいられませんでした。

現に私は学生時代の友達に「お母さんらしい」を連発されムカつきました。
「お母さんに見えない容姿」に憧れがあってそれを目指してるのに逆に「お母さんらしい」。。。(ダサい。かっこ悪いイメージあり。)
と言われてしまう。

お母さんのわたしより、わたし主体でわたしをみてほしいんですよね、、

ほんとなら、「お母さんらしい」に「一人前になった」「立派に子育てしてる」とほめ言葉に捉えるべきものなのに。。




一度 読んでみてください。
あなたもモンスター予備軍もしくはすでにモンスターマザーかもしれませんよぉ~~~

怖いぃ~~~



ランキングがんばってます。応援おねがいします
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ





スポンサーサイト

Comment

気になる本ですね~
私もモンスターかもです^^;
図書館でもし見かけたら手にとって見たいと思います!

2008.07.30(Wed) 14:40       さくらのはっぱ さん   #-  URL       

さくらのはっぱさんへ

ほんと、案外自分もモンスターでドキっとしました。
ぜひ読んでみてください~
まだ自分がモンスターと気づくだけでもいい心がけかもしれませんよ(笑)

2008.07.30(Wed) 15:08       ここ さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。