ムスメちゃんのつれづれ日記

幼児教育のブログでしたがどんぐり倶楽部のこともつづります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通知表

1年2学期
通知表をもらってきました。
ここは、1学期と2学期は親が貰いに行くという ありがた迷惑なシステムです。

懇談で
先生に「しっかりできていますよ。」

「新しい単元に入った時 ときどき うぅん?って分らなさそうな顔してますね。

何回も反復していくうちに理解してテストもちゃんとできているので大丈夫です」


それって、一回で話聞いて理解出来てないってことですよね。

今後9歳の壁ってやつに引っ掛かるんじゃないですか~

「わからなかったら 先生に聞いたりしてくれるといいですね。」

うぅ~ん

気がかりなこと発覚。
反復ばかりしてるから、テストは100点ばかりだから出来てると思ってたけど。。

懇談会で先生からのムスメの様子が聞けてよかったな。


このままでは9歳の壁に引っ掛かりそうです。


やっぱりどんぐり倶楽部かなぁ

ちょっと腑に落ちない部分もあったり。

かと言って他で思考力をつけるのは難しそう。親の手助け部分で。

どんぐりは環境設定と良質の算数問題だけというシンプルなところがスタートしやすいですね。

1年間(2年生)だけどんぐりだけやってみてうまくいかなければ考えればいいかな。

9歳の壁まであと二年か。

どんぐり倶楽部の一番腑に落ちない点。

ほんとに思考力が付くの??

子どもらしく遊んでときどき 算数問題するだけ。
理念もなんとなくわかるし、いいことだとは頭ではわかるんだけど、

これをやって賢くなるのは、一部の子だけなんじゃないの?
と、
うちの子は どんぐりもいいとは思うけど、
真面目のコツコツが遠回りなようで一番の近道なんじゃないの?

ここが一番引っ掛かるけど、

試してみないと分らないことなんだろうな。



スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。