ムスメちゃんのつれづれ日記

幼児教育のブログでしたがどんぐり倶楽部のこともつづります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1MX72 カード製造機

1MX72 ムスメ小2 どんぐり歴6ヶ月  ×

今週、運動会があるので練習で疲れ気味な平日ではありました。
「どんぐり、やろうか?」
と聞くと 「え~」
と言われたので「じゃ、今日は止めとこう」となりましたが、
学童から返って来ておうちでおやつタイムにするのですが、まだ食べたい!と言うので
「どんぐりするなら、食べていいよ~」←駄目なやつです。
「じゃあ、やる~」
となりました。

振り返れば、わたしにどんぐりをやってほしい!って気持ちが残ってたんだろうな~



5分で2枚のカードを作ることができるカード製造機があります。
できたカードは順番に積み重ねます。1枚のカードの厚さは 3 mmです。では、
このカ-ドの厚さが全部で 3 cmになるのは作り始めて何分後でしょうか。




途中、ムスメの会話で
「製造機は、ハートにしよ♪」
「カードは上に積まなくて、カーブになってかさなってんねん~でもボンドで付けてないねん」

と、楽しそうには解いてたけど、

最後の
「 3 cmになるのは作り始めて何分後でしょうか。」

で、禁句の「わからん」が出て、

定規を使ってやりだしました。

出来あがった絵をみると考えはあってますが、
定規で3㎝を測ってそれを3mmに線を引いていった感じで、

その3mmがずれていて 違う答えになってました。。

そもそも定規というアイテムはよくない気がしますし、

絵がいつもに比べ不調です。元気がない。なんか違う。
半年ほどムスメの絵を見続けていると、なんとなくですが、感じ取れるものがありますね。

休日のどんぐりタイムはお休みにします♪
過去ログにやっぱりありました。
定規のこと。

[1981] ニモ母 投稿日:2005/11/09(Wed) 14:06  [関東]
年長問題から始めて、現在1Mの問題に取り組んでおります。子供の考え方がよくわかって、大変興味深いです。
IMX68の問題ですが、はじめ、72cmをどうやって、ノートに表現すればいいのか、悩んでました。
どうやって、ノートの大きさに収めればいいのかわからない、というので、「適当に線を引いて、72cmということにすれば?」といいましたら、線を引き、72cmと書きました。
その次に、1回に進んだ距離8cmを実寸で、つまり、定規をその線にあてて、測って答えを出して、答えを2回としました。72cmの線は、実際の長さじゃないよ、と言いましたが、ピンとこないようです。1M87の問題も1m、50cmを似たような長さで書いています。
対比や長さを縮小して考えるというところまで、至っていないようなので、前段階として、すこし練習が必要な気もします。たとえば、線を引いて、10センチだとすると、5センチはどのくらい?
とかいう練習は有効でしょうか?どのようなアドバイス、または、理解を促すようなどんな練習がいいでしょうか、教えてください。

●不要です。必要なのは「おやつ」と「外遊び」です。頭の中の映像は全て等比で縮小・拡大されています。出来るようになっているんです。できることをワザワザ練習させる必要はありません。
※1問を6ヶ月かけて解きましたか?
<ヒント>
どうして定規なんか使わせてるんですか?何のメリットもありませんよ。
定規がなければ絵図が描けない子になっては大変ですよ。
頭の中に定規はありませんよ。
線分図は最も貧弱な絵図(描くべきではない絵図)ですが、それでも定規を使わなければ多少は補助的に使えます。
※「便利=効果的」ではないことを確認しましょうね。

●年長さんを十分に味わっていれば(味わえたのであれば)認知障害はありません。「等比」は年長でもたくさん出ています。全体図を「ゆっくり」見渡すこと。
スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。