ムスメちゃんのつれづれ日記

幼児教育のブログでしたがどんぐり倶楽部のこともつづります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想する

こんなのがあるんですね。
中学生の部
塾ナシどんぐりっ子には心強い見方。


うちは、どんぐり問題500以上を消化が、このままだと厳しいなあ。
コンスタントに週2問消化したならいけそうですが、そうはいかないので。
小6くらいで、ダダーっと解けばいけなくもないのかな?
そもそもそんな解きかたアリなのかですけど。


どんぐりっこは塾ナシで視考力を使って難関高校へ。

難関に進学。。。
ここはどんぐりではオマケですけど、学歴がない母としてはどうしても憧れてしまうのです。


住んでいる地域の県立最難関の高校はHPを見る限りでは、
文武両道なステキな学校のようで楽しそう~~

ここに通っている高校生のムスメを想像♪♪


なんてアホな妄想をしてしまいます。


ここの県は、
県立を受けられるのは1校まで。そもそも入試日が同じ。
なのでちょっと、最難関にチャレンジ!?でもして落ちてしまったら、
2次試験となるわけですが、
県立が人気なので2次枠を取ってくれる学校は県の端の方(さらに田舎)の学校になります。
そんな学校自宅からじゃ到底通えないので、私立へ通うことになり、お財布的にいばらの道へとなります。。。

なので、そういう事情がからんでるので、安全圏の高校に受験するという流れだそうです。
子供にとっても親にとってもツライし面白くないやり方だ。


ですが、難関の県立はどこも比率が
7:3
入試の点:内申点
だそうで、

もしかしたら、勝ちにいけそうですよね!

なーんて、

今のどんぐりもヨタヨタなくせに妄想に浸ってしまいました。。






スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。