ムスメちゃんのつれづれ日記

幼児教育のブログでしたがどんぐり倶楽部のこともつづります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんぐり的 夏休みの過ごし方

レオン君の~ブログの転載です。


<夏休み...チャンスです。下記の要領でお願いします。>

0.問題集購入(最低でも3学年:在籍学年以下の問題)

1.家族全員で3-4日で宿題は全部片付ける。(ストレスがない状態を作る)←これが重要(ストレスは入力を妨げる)

2.1日に1問限定。もちろんノーヒント。

3.親も一緒に違う問題をする。

4.注意書きを守る。

5.毎日必ず、自然相手の外遊びをする。

6.テレビは1週間に4時間まで(通常は2時間まで)

7.ゲームは厳禁





過去ログに、学校でのプリント、テスト類のわからん帳についての記述を発見。

大した間違いでもないけど、いちおうわからん帳に入れてあるのでやらすべきかどうなのか迷っていましたが、
当分寝かすでOKのようです♪

[1594] ころころ 投稿日:2005/09/07(Wed) 00:59  [近畿]
先生、HELP! 絶対学力のP32、▽改善方法 少ない方法でいいから、毎日丁寧に学習する。1文字漢字は、この方法で出来ていますが、他の科目は特にこれと言って何もしていません。P87の小3の家庭での確認の意味も折に触れ考えて来たのですが、学校で習ってきたことがどの程度わかっているか、わかっていない時はわからん帳を作る、そう言う風に解釈していますが違っているのでしょうか。「ゆっくり、じっくり、丁寧に」考える時間を作ることを最優先してきたので他のことが、余り見えていなかったように思います。(日頃勉強をしないことで、週に一度のどんぐり問題をしたくなるようにしてきたつもりだったんですが)学校での出来事や、どんなことを習ってきたかは聞かせてくれますが、勉強のことは水を向けないと自分からは言いません、教えてと頼むと「ノート見せたろうか~」となります。簡単な日記、1文字漢字、漢字読本や教科書の音読、これは毎日しています。さて、ちょっと目線をかえる時期なのか、もうしばらくこのままでいいのか。先生、教えて下さい、本を読見直して悩んでいます。子供は毎日楽しそうです。それが答えなのかも、と思いながらも、HELP ME!
●学校では定期的にテストをしています。そのテストを使って「分からん帳」を作っておくだけです。それを長期休みにする。で、おわり。通常はコンスタントに「どんぐり倶楽部」の「良質の算数文章問題」が中心です。
※すべきことは、逞しい永久脳を作り上げることでしょ?これがあれば6年間の内容を半年~1年で復習することも出来る。が反対になければ、一見良い成績でも伸びない「満点落ちこぼれ」予備軍です。
※ポイントはその場で仕上げない。でも弱点は記録しておく。準備が整った時に使えるようにね。つまり、「分からん帳」と「良質の算数文章問題」が基本です。基本は全ての学習に応用できます。6年間の長さ(短さ)で見ることが大事です。目の前のものは材料に過ぎません。材料は最適な時期まで取っておくべきなのです。同じ材料でも熟していないものを使っては美味しい料理は出来ませんからね。
[From どんぐり倶楽部:T.Itoyama]



[1618] わんこ 投稿日:2005/09/08(Thu) 14:02  [関東]
こんにちは。小3です。今、週1の文章問題(小3用)が順調なので、(もしかして、すぐ解けるものばかりをやっても効果的でないのでしょうか?)学校の勉 強について、わからん帳の取り組みを見直そうとしているところです。そうしましたら、ちょうど、1594のアドバイスを見つけました。
>>※ポイントはその場で仕上げない。でも弱点は記録しておく。準備が整った時に使えるようにね。
>>材料は最適な時期まで取っておくべきなのです。同じ材料でも熟していないものを使っては美味しい料理は出来ませんからね。
[From どんぐり倶楽部:T.Itoyama]
「ポイントはその場で仕上げない」という所にとても興味があります。これは、あわてて無理やり間違い直ししないほうがいい、最適な時期を待とう、と解釈し ていいのでしょうか?そして、その最適な時期とは?うちの場合は、まだ小3なので、間違える問題の数は少ないのですが、なかなか直りにくいと感じることが あります。先生の書籍や掲示板にも書いてあったかもしれませんが、実際に、うちの子の様子を見ていると、最初にできた問題は、ずっとミスしないし、最初に 間違えた問題は、何回でも間違うのです。つまり、次の定期テストで間違える問題は、授業で習ってきた日のプリントを見たり、やりおわった宿題プリントを見 れば、もうその時点でわかるような気がするのです。なので、間違いを発見して、まだそれが解決されていないようだったら、「あした、先生に質問してみて ね。そしてお母さんにも教えて」と言っています。そして、その結果、今度はよく理解しているようだったら、わからん帳に記録し、私としては、さっそく、そ の問題を、ゆっくりと1日1回ずつ、3日くらい丁寧に解いてみる、ということを、こどもにおすすめしてみようと考えいる所です。間違ったまま、反復練習す ると、間違ったまま定着してしまうので、直すのが大変!その前に直せたら直してしまおうという作戦のつもりなのですが、「ポイントは、その場で仕上げな い」という意味をよくわかってから実行したほうがいいのかな?と思って書き込みました。中学受験はしないかもしれませんが、
こどもの様子しだいでは、するかもしれません。よろしくお願いします。

●通常は小6の夏休みが最適です。受験する場合は小5と小6の2回にします。小6に受験用をもってきます。 >>
「あした、先生に質問してみてね。そしてお母さんにも教えて」と言っています。そして、その結果、今度はよく理解しているようだったら、
わからん帳に記録し、私としては、さっそく、その問題を、ゆっくりと1日1回ずつ、3日くらい丁寧に解いてみる、ということを、こどもにおすすめしてみようと考えいる所です。
●全くダメです。勉強嫌いになりますよ。応用も効かなくなります。
●ものは試しです。1週間だけやってみてください。そして、子供とお母さんの感情の動きや学習への姿勢や考え方を詳細に感じてください。親子間先生生徒間での軋轢も含めて無用な反応が山ほど出てくるでしょう。まずは、自分で体験すること。
>>こどもの様子しだいでは、するかもしれません。
●遊びで受けるには結構ですが不要ならしないことです。するなら、親の準備はそろそろしないとね。受験準備は親は3年子供は半年から1年でします。[From どんぐり倶楽部:T.Itoyama]
スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。