ムスメちゃんのつれづれ日記

幼児教育のブログでしたがどんぐり倶楽部のこともつづります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルスくんの添削教室 0MX08



> 夏休みになっても宿題や学校がないというだけで、働いているので学童から家に帰ってくる時間は変わらないし、
> どんぐりにあてられるのんびりとした時間が、けして増えるわけじゃなく、
> 逆に、外遊びが増えて、暑さで疲れ今日はどんぐりできない日が逆に増えてる気さえします。。解く問題が増えていないのですがいいんですよね。
●解く問題数や時間数の増減ではなく,「視考力養成」の環境設定ですから,
状況に合わせて進めていただければ結構ですよ




> 今回は、
> ムスメが「歌を聞いてた人いると思う?」「かぜの歌ってなんて言ってると思う?」と聞きました。
> さぁね?って言ってしまいましたが、
> 算数文章問題でこんなことを考えてしまう文章問題って無いですよね。
> 最近は、サブストリーをちょこっと考えたりが多くなってきましたがいいんですよね?
●いいんです。イメージがどんどん膨らむことが望ましいです。
読み聞かせが良いのはここですよね。


> きのうまでに9回きいています。まで絵を書いて
> 「きょうは~」の大切なくだりを意識していませんでした。
> すぐに「わかった!」と言って答えを書く作業に移ってしまいました。
> 文章問題をしっかり最後まで聞いてもらうにはなんて声かけが適当ですか。
●声かけの問題ではなく,日常生活の過ごし方が問題です。
話の途中で,「分かった!」で終わっていますか?終わらせていますか?
生活そのものをていねいに・・・。ここが出発です。
読み飛ばし,読み落しは軽く考えないでくださいね。

●どんぐりでは最初に,また答えを書く前に,「通しで読むのも工夫の一つ」です。
全体のイメージをつかむためにも大切です。


↑「生活そのものをていねいに」
アルスくんに見透かされたこの感じ。本当にドッキっとします。
働く母だからさぁ。
時間ないのよねぇ~と、こどもへの返事がカラ返事。
よくあります。
いろいろ思い当たる節が。。でてくるでてくる。

ていねいな生活がどんぐり問題を取り組む姿勢にも影響を及ぼしている。。。
ホントに不思議ですよね~

子どもを見ているとそうなのかな?
なんだかそうみたい!!と思うことに出くわしますが。

もっと丁寧に子どもにせっしてみたいと思います。

ありがとうございます♪
よい夏休みを~
スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。