ムスメちゃんのつれづれ日記

幼児教育のブログでしたがどんぐり倶楽部のこともつづります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンチなんですが、、、

20071219171028


わたしの愛読書「ひよこクラブ」
で、応募者全員大サービスで童謡&子守唄CD プレゼントがあったので応募してたのが昨日届きました。(この応募は終わってます。)

童謡とかまったく興味がなかったんだけど、80円の切手だけでくれるから頼んでみただけのことだったんだけど、

ムスメちゃん、大喜び
特に、「ほたる」や「かたつむり」が好印象でした。
CDを流すだけじゃ笑ってはくれなかったけどわたしが歌うと喜んでました。
なんていい子なんでしょぅ  わたし、オンチなんですがね~



童謡ってただ楽しいだけじゃなくってこんな効果もあったりするらしいです

どうして『童謡』がいいの?
童謡の歌詞の中には、たくさんの「言葉」が詰まっています。「ポッポッポ はとポッポ」や「ぞうさん ぞうさん おはなが長いのね」のように、子供が覚えやすい言葉で、繰り返しが多いのが特長。さらにメロディとリズムがあるので、脳にすんなり入っていくのです。歌詞を文として丸暗記していくので、単語だけではなく、言葉の使い方も自然に覚えていってしまうのもよい点です。
10曲、20曲…と歌詞を覚えるうちに、どんどん語彙が豊かになっていきます。覚えた曲が一定量(公文式では200曲が目安とされています)を超えると急激に能力開発されるとも言われています。
また音楽を聴かせることは、音楽の感覚を育て、情緒の安定にもつながります。

どんな聞かせ方がいいの?
CDを聞かせても、ママやパパが歌ってあげてもいいでしょう。キッチンに立つ時はCDを流して一人遊びさせる、抱っこの時はママの歌声を聞かせてあげるなど、その時その時で工夫するのもいいですね。
大切なのは、繰り返したくさん聴かせてあげることです。
歌詞に出てくる“文字”や“絵”をカードに書いて見せてあげるのも効果的。覚えたら、子供がひとりで歌うようリードし、忘れたところを優しく歌ってあげましょう。
無理に覚えさせようとしないことが大切です。

なぜ、言葉を早く覚えるとよい?
言葉を覚えることは、脳細胞の刺激となります。また子供は文字が読めるようになると、知っている字を見つけ、喜んで指をさします。覚えた言葉に関連して周囲への興味が広がったのです。当たり前のことですが、人は“言葉を使って”考えます。思考力や理解力も、すべて言葉の能力があってこそ高まっていくのです。

本格的に言葉の力を養っていくのは、読書をするようになってから。本に出会う前に、語彙を豊かにしておくことは、本好きな子供に育てるための一歩と言えそうです。


そういえば童謡ってほとんどサビしかわからない曲ばかりということに気づきました。
しかも歌詞があやふや、、
図書館でCD借りるかぁ~




スポンサーサイト

Comment

おはようございます。
わたしのブログへ暖かいメッセージ
どうもありがとうございました。
お子さま、小さくて、ママも一番大変な時ですね。でも、とってもかわゆくて、かわゆくて、この時期が懐かしい~(^^)
子育てがんばってらして、またいろいろなことを勉強してらしてとても偉いと思います。
どうぞ、いつもおおらかな気持ちで、お子さまを温かい愛情で包んであげて下さいね。
それだけで、お子さまは、情緒の安定した素晴らしいお子さまに育つはずです。
早寝早起き、これも少しずつですが、小さいうちからきちんとしておくと、3,4歳~とても子育てが楽になってきます。
わたしのブログで紹介したのですが、DWEなど高額な教材でなくて良いので、英語の歌の賭け流し、七田式の「さわこの1日」などもおすすめです。
この時期は、何でも吸収する時期なので、TVは出来るだけ辞めて、ママのことばのシャワーをたくさんかけてあげて下さいね。
お子さまの成長楽しみですね♪
これからは 読者として、ブログ応援させて戴きますので頑張って下さいね♪
どうもありがとうございました。

2007.12.21(Fri) 04:32       くまママ さん   #-  URL       

くまママさんへ

お返事ありがとうございました♪
「さわこの1日」
チェックしてみます。
それにしても名前が古風すぎます(笑)

これからもぜひぜひ遊びに来て下さい~
わたしもやる気が出てきますv-42

2007.12.21(Fri) 16:35       chica さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。